2006/11/16

日本建築医学協会

                            

わたしは小さい頃から身体が弱く過敏症でした。特に空気や場所に敏感すぎて・・・・いまだに旅行にいくのが超~~大変なのです・・・レコーディングや撮影のスタジオ探し、キャンペーンの宿泊場所、ライブハウス・・・長居できないところが多すぎて、ほんとうにスタッフのみなさまには迷惑のかけっぱなしでした・・・すみません・・・

でもだめな場所にいくと、みるみるうちに唇とか目のまわりが腫れて来たり肩が重くなってきて、しまいには熱がでてしまうのです・・え~~ん・・もともと古くて味のある場所が好きなのに好きな場所にことごとく入れないのです・・・

そんなある日風水学にであい、もともと物件好きのわたしは(物件好きがこうじて不動産やさんでバイトしたりもしてました)友達の引越しの物件探しをてつだいながら、何百何千と物件の解析をくりかえし風水はかなり信憑性があると確信しました!!

風水稼業をやりだしてそろそろ十年たちますが、やはり西洋医学のお医者さんたちの中にも、健康と場にはかなり密接な関係があると考える人がたくさんでてきて、このたびやっと建築医学協会がたちがりました!!「癒す心、治る力」(全米でベストセラー!名著!!)で有名なアンドルー・ワイル博士http://ja.wikipedia.org/wiki/アンドルー・ワイãが名誉顧問です

興味のあるかたはぜひ!!http://www.architectural-medicine.jp/

7 comments:

よしひこ said...

ぼくも数年前からちょっと気学にこってます。風水ってゆーとDr.なんとかみたいなのと思われちゃうし。家相学的風水もず〜っと前にちょっと本読んだりしたけど、なんかめんどくさい上にピンとこないのですぐ飽きちゃいましたが、気学はけっこうハマります。

よしひこ said...

ぼくも数年前からちょっと気学にこってます。風水ってゆーとDr.なんとかみたいなのと思われちゃうし。家相学的風水もず〜っと前にちょっと本読んだりしたけど、なんかめんどくさい上にピンとこないのですぐ飽きちゃいましたが、気学はけっこうハマります。

Mirey(もりばやしみほ) said...

>よしひこさん


わたしも気学をつかってましたが
去年位から奇門遁甲の実験をしてま~~~す

りょーこ said...

アンドリューワイル氏の講演行きましたよ。
何年前だろう・・・
のり子先生に勧められて。

不自然な医学はやはり生体を傷つけるので、特に動物には優しい医学、というか予防や自然治癒力を引き出す助けが一番だなと思いつつ勉強中です。
来年ももう一つ資格取ろうかなと思って。

よしひこ said...

奇門遁甲って、ちょっと怖いよね?

Mirey(もりばやしみほ) said...

>りょーこちゃん


すご~~い!!
アンドリューワイルすごいよね~~~☆

200年後とかの未来では
「昔、西洋医学ってゆうめちゃめちゃ極端な医学があってさ~~~」
って確実に笑い話になってると思う

(もちろん西洋医学でしか治せないものもあるけど・・・
西洋と東洋のいいとこどりすればいいだけの話だよねっ☆)


>よしひこさん


why?
戦術だから?

よしひこ said...

なんとなく、イメージで(^_^;